「孤独」対策としての生業を、もう一度考えたい

地域新聞社が作成している商圏地図は、平成22年、つまり8年前のデータをもとにしていますが、十分に参考になると思います。
https://chiikinews.co.jp/pdf/areadata/areadata_ichikawa.pdf

商圏地図を眺めると、次のことがわかります。
○人口の多いエリアは市川駅南側、市川大野駅西側、南行徳駅北側。
○海岸部の工場・倉庫地帯など、人がほとんど住んでいないエリアもかなり多い。

市内の人口については、市川市が作成した「平成30年5月31日現在町丁別世帯人口表(市川市住民基本台帳人口)」も参考になります。
http://www.city.ichikawa.lg.jp/gen01/1111000088.html

市川市が作成した「市川市の人口の状況について(追加報告)」だと、単身世帯が40%(65歳未満が27.7%、65歳以上が7.4%、年齢不詳が5%)を占め、最も多くなっています。
http://www.city.ichikawa.lg.jp/common/000218789.pdf
「市川市の人口の状況について(追加報告)」より抜粋


40代前後の単身者が、東京その他で仕事をして帰ってきてから寝ている場所」「平日の昼間にいるのは、子育て中のお母さんや高齢者がほとんど」という場所が、現在の市川市のようです。

過去記事「既存の仕組み・施設に、プロの市川市民の経験・知識を掛け合わせて新しい仕事を作る」で書いた「子育て世代が東京で仕事をしている可能性が非常に高い」というのは現実と違っていたので、訂正しました。

また、みずほ情報総研の研究では、未婚化や離別、死別で「中高年や高齢者の単身世帯数が増える」と指摘されていました。
https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2017/seikyo1703_01.html

市川市で生業をつくるとしたら、「孤独」対策としての生業がキーワードになるかもしれません。そのためのポイントは、次のとおりです。
■平日夜、土日祝日に営業する(土曜日は午前よりも午後)
■1人でも気軽に参加できる
■疲れを癒したり、不安や悩みを解消したりする
■緩い関係の顔見知り・知り合いができる

子育て中のお母さんや高齢者を対象にした市川市の公的なサービスがすでに存在すること(女性の交流の場「いち☆カフェ@ウィズ」http://www.city.ichikawa.lg.jp/gen05/1111000045.html、認知症カフェhttp://www.city.ichikawa.lg.jp/wel02/1111000096.htmlなど)から、27.7%を占める65歳未満の単身世帯をターゲットにしたほうがよさそうです。

生業については、「市川市の昼間人口が増えるようにビジネスを興そう!」「市川市を変えよう」などの目標を掲げるタイプの創業・起業とは大きく異なります。
今、すでにある施設(店舗なども含む)を活用しながら、身の丈に合ったビジネスをつくっていく、小さな取り組みです。
Continue Reading

【告知】夏の風物詩である「市川ほおずき市」が7月21・22日に手児奈霊神堂で開催

第40回「市川ほおずき市」 

■日時
平成30年7月21日(土)12:00~21:00
      22日(日)10:00~21:00
※雨天決行
※灯籠流しは21日(土)19:00~

■場所
〒272-0826 市川市真間4-5-21
手児奈霊神堂

※灯籠流しは真間小学校前の手児奈橋

グルメ これからチェック
フォトジェニック これからチェック
車でお出かけ ☆☆☆☆☆ ※駐車場はない
未就学児も楽しめる これからチェック
高齢者も楽しめる これからチェック
お一人様でも楽しめる これからチェック
トイレを使いやすい これからチェック
※ほおずき市に足を運んだ後でレポートを作成し、写真もアップします

■交通アクセス
[電車]
JR総武線市川駅北口または京成線市川真間駅から、徒歩約13分
※駐車場はない

■主催
市川ほおずき市実行委員会(真間商店連合会)

■告知
2日間で4万人が訪れるという「市川ほおずき市」。

鮮やかな赤い実をつけたほおずきの鉢が販売されるほか、手児奈太鼓の演奏が行われ、地元商店会による焼き鳥、焼きそば、たこ焼きなどの屋台も並びます。

見どころの一つは「灯籠流し」。
日が落ちて暗くなる19時から始まり、先祖の霊を供養するために川に灯籠が浮かべられます。
橋の上からは弘法寺の僧侶の方々の読経が響き渡り、川の水に揺らめく明かりが幻想的とのこと(関係者談)。

灯籠流しは、灯籠流しの事前申し込みは、平成30年7月12日(木)まで、以下で受け付けているそうです(有料で、1口1000円)。
○真間山弘法寺 真間4-9-1
○テーラー陶山 真間2-16-8
○㈲マルカ商事 真間2-14-14
○水谷商店 市川1-16-13
○カットサロンC&V 真間2-19-2
○東京ベイ信用金庫本店 市川1-23-28
そして当日の21日でも、16~17時頃に、手児奈霊神堂境内稲荷神社社務所と真間小学校の校庭で申し込みができるとのことでした(同じく有料で、1口1000円)。


■関連ページ
勝手にパワースポットその5 手児奈霊堂の池
いちかわ広報委員会(非公式)
Continue Reading

幼児教育・保育の無償化で、市川市の保育園入所はさらに狭き門になる可能性も! 「子どもを預けること」を行政だけに任せるのか?

安倍晋三首相が唐突に公約に掲げた幼児教育・保育の無償化。
来年(2019年)10月に予定している消費税率10%への引き上げに合わせ、幼稚園や認可保育所に加え、預かり保育などの認可外施設も対象になるようですね。


幼児教育・保育の無償化ですでに問題が勃発しているのが、兵庫県明石市。
2016年度から無償化を先行させたところ、保育園の入所希望者が増えて、待機児童が急増したとのこと。その結果、待機児童数が全国最多になっています(朝日新聞 幼児教育・保育「入れなければ…」無償化なのに負担増? https://www.asahi.com/articles/ASL6K5DH2L6KUCLV004.html?ref=nmail 2018年6月18日04時59分)。

つまりは保育園の入所希望者が増えた分だけ、さらに狭き門になっているということです。

朝日新聞の調査では、待機児童数が多かった自治体の全国第6位に市川市がランクインしています。
無償化が始まれば、明石市と同様に、市川市の待機児童数がいっそう増える可能性が高いでしょう。



課題はさらにあります。

1つ目は、保育の質の問題。
内閣府の発表では、2017年に報告があった保育施設や幼稚園、認定こども園での事故件数は、全治30日以上の重大な事故は880件で、前年比1・5倍。

親の側は「仕事のために子どもを預けられるのなら、どんな施設でもかまわない」とは考えないでしょう。子どもの安全は最優先ですが、安全のために部屋に閉じ込めておくような保育も望まないはずです(子どもを預かるのではなく「人間力」を育てられる場所を作るために起業したお母さん)。

保育施設の数が増えるスピードに合わせて、質を向上させるのは果たして可能なのでしょうか。
経験豊かな保育士を集められない保育園や、保育士の有給休暇消化や出産を認めないようなブラック保育園が出現するのではないでしょうか。


もう1つは、「小学1年生の壁」と呼ばれている学童保育の問題。
「小学校に入ったから、もう保育は不要」ということにはなりません。
低学年のうちは、大人による見守りは必要でしょう。

学童保育にも、もちろん質の問題があります。
児童の面倒を見ている大人が、児童から暴力を振るわれるケースも発生するでしょう(既存の仕組み・施設に、プロの市川市民の経験・知識を掛け合わせて新しい仕事を作る)。


私を含め多くの親たちは、「のど元過ぎれば熱さを忘れる」の言葉どおり、自分の子どもが成長してしまえば保育の問題への関心が急速に失われていきます。
しかし、もしかしたら地域に住む子どもたちに関する課題は、行政に委ねるのではなく、子育てを経験してきた親たちが、保育を必要としている親たちを支える形で解消したほうがいいのかもしれません。

方法の一つは、すでに地域での見守りが行われている子ども会の活動を、さらに活発にさせること(地域のイベント盛りだくさん! 市川市の子ども会に参加しよう)。
子どもは親の所有物ではないという法律の整備も、虐待や貧困を防ぐために大事なのかもしれません。

Continue Reading