暮らしと生業、そしてライフワーク

どんな未来に、あなたはいたいですか?

私は「とりあえず死ぬまで自分の足で歩けて、生活に困らない程度のお金を稼げたらいいなあ」と思ってきました。

健康的な暮らしと生業。
『クラナリ』という雑誌だけでなく、私の未来のテーマでもありました。

しかし、それだけでは物足りないというか、寂しい気もするようになりました。
きっかけは洋画家の大島暁さんを取材したこと。
life-livelihood.blogspot.com


この気持ちをいっそう強くしたのは「こまぱく」。
life-livelihood.blogspot.com

展示されているパネルや資料を見ながら、「これは趣味を越えたライフワークだ」と思ってしまったのです。

楽しい・おもしろいにとどまらず、大変さや金銭的負担、苦しさも伴うが、ごく個人的な、でも大切なことをやり遂げようとするのが、ライフワーク。
ライフワークからは、達成感が得られるだけではありません。
人と人がつながって、人生が豊かになるのではないでしょうか。

こまぱく最終日には、会場に日本全国の狛犬ファンが集まったそうです(SNSで知りました)
それってなんだか愉快だなあと。

こうして『クラナリ』では、暮らしと生業に加え、ライフワークもテーマにすることにしました。
ライフワークにはお金がかかっちゃうから、生活費を稼ぐ目的の生業だけでは、暮らしが成り立たないのかもしれません。
ただ、食べ物や着る物をちょっと我慢してでも、やり遂げたいことがありますよね。
人間だもの。



1 件のコメント:

  1. ~こまぱく~参道狛犬万博を取り上げていただきありがとうございます。
    このイベントの後、多くの狛犬好きの方々との繋がりを持つことができました。
    また狛犬以外にも、「クラナリ」という素晴らしいコンセプトを持った雑誌を作ろうとされている方と知り合えたことは、これからの自分の人生にとっても大きな財産になります。雑誌の発行楽しみにしております。頑張ってください。

    返信削除

Powered by Blogger.