「市川の文化施設なら、市川の作家さんの作品を販売しましょうよ」運動

先日、「こまぱく ~参道狛犬万博2018 in市川市~」で芳澤ガーデンギャラリーに足を運んだときのこと。


ロビーで、手ぬぐいなどのグッズが販売されていました。
もしかして?

これらは明らかに違うとわかるのですが

「おお、これはきっと……」と思って、案内係の人に声をかけました。

「これは市川の作家さんのものですよね?」

すると「いいえ、違います」という返事。
もうがっかり。

なぜ、市川の文化施設なのに、市川に縁もゆかりもない人の作品を売るのでしょうか?

財団法人市川市文化振興財団の関係者の方! ご検討ください。

■関連記事
クリエイティブの分野でも「千産千消」を! 特に税金を使っているところは!!

life-livelihood.blogspot.com

0 件のコメント

Powered by Blogger.