『クラナリ』紙バージョンの始まり始まり

『クラナリ 0(zero)』紙バージョンが本日届きました。
『クラナリ 0』とは『クラナリ』の見本版。明日からは『クラナリ 0』を持参して、市川市内のあちこちで取材を申し込む予定です。






では改めて『クラナリ』について。

『クラナリ』は市川で暮らしと生業をつくるマガジン。
ライフサイクルに合わせて有償・無償問わず仕事を調整したり、市川で新しく仕事をつくったりしている人を紹介します。

また、雑誌ならではといいますか、手軽にできる健康法(「市川ウォーキング部 結成宣言」)や開運術(「市川駅から歩いて行ける 勝手にパワースポット」)なども掲載します。体が資本ですし、運は大事。

最も力を入れたいのが、写真です。
『クラナリ 0』では仕方なく私が撮影した写真を使ったのですが、これではいかんとですよ。
状況を説明するような写真については私も撮りますが、巻頭のグラビア「wanna relax in Ichikawa?」はいい写真が使いたいですね!!
見開きでドーンと写真を見せたい!

市川で撮影した写真をインスタグラムなどに投稿している人をチェックしてきました。
これから、『クラナリ 0』を持って写真を掲載させてもらえないかの依頼に入ります。怪しい者ではありません。よろしくお願いします!

そしてイラスト。
市川の休日っぽい風景を描いてくれる市川在住の人を探します。

欲を言えばデザイナーもライターもいてほしいのですが、なんせ、原稿料などを支払える見込みが立っていません!
仮に定価の540円(税込)ですべて売れても、印刷費しかペイできない状況。
それなのに540円という値付けをしたのは、「雑誌なんだからフルカラーA4判で写真を見せたいし、500円前後だよね」という、ほぼ思い込みです(汗)。

こんな状態でスタートした『クラナリ』。
年2回の発行を目指しますが、まずは取材!
取材のお礼として掲載号を3冊お渡しします。

また写真・イラストの掲載のお礼も、当面は上記と同様で進めさせていただきます。
ぜひともご協力をお願いします!



0 件のコメント

Powered by Blogger.