「円」でも「タダ」でもない、助け合いを表す限定的通貨「イカ(ICA)」の可能性

カウンセラー同士がカウンセリングを行ったり、情報交換したりする場の「市川カウンセラーアソシエーション(ICA)」について、企画を練ってきました。

最大の課題は「果たして、利用者は現れるだろうか」ということ。
もちろん、家事や家族問題、結婚・婚活、健康などで、「誰かに相談したい」というニーズは高いと考えられます。
多方面でカウンセラーが活躍しているのがその証拠。

同時に、「自分の知識や能力を、誰かのために役立てたい」という人も少なからずいるのではないでしょうか。
ただ、非常に能力が高くても、資格などを持っていないときや会社・組織などに属していないときに、「相談を受けてお金をもらうのは心苦しい」と感じてしまいがち。

他人のために自分の時間と労力を費やすわけだから、無料で済ませてしまうのはおかしな話。
とはいえ、抵抗感はあるのです。

「円」というお金でも、無料でもなく、何らかの価値を表すものはないものか……
その候補として、限定的通貨「イカ(ICA)」を考えました。

例えば、「腰が痛くなりやすくて、どうやら骨盤が原因だと思うから、ちょっと相談をしたい」というAさんがいたら、骨盤カウンセラーのBさんが相談に乗ります。
このとき、AさんからBさんに2000イカが渡ります。

Bさんは韓国に行くことになり、韓国通の旅行カウンセラーCさんに穴場情報をもらうことにしました。
このとき、BさんからCさんに1000イカが渡ります。

AさんもBさんもCさんも、みんな最初は0イカ。
やり取りをした後は、Aさんはマイナス2000イカ、BさんとCさんは1000イカが手元に残ります。

Aさんがマイナスだとしても、これは借金を意味していません。そもそもイカは日本円と取り替えられないからです。
マイナスのイカは、「誰かに助けてもらえた」「誰かにやってもらえた」というポイントなのです。

一方、プラスのイカは「誰かを助けた」「誰かにやってあげた」という感謝のポイントということになります。

イカは券(チケット)ではなく通帳、名付けて「イカ帳」に記載したデータ。
券を発行するとコストが高いので、できるだけ安くできるアナログの手書き通帳方式を採用します。
ウズベキスタンでは、手書きの通帳を使っているようですね。
http://braille.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-9a05.html

イカを媒介させることで、手軽に相談したり、相談を受けたりできるようになれば、助け合いは活発に行われるようになると期待します。
イカは市川カウンセラーアソシエーションの中でしか使えないし、前述しましたが日本円と取り替えられません。
市川で暮らしと生業をつくっていくために、日本円よりもイカをやり取りするほうが適しているようにも思っています。

第3回企画立案ワークショップまでに、さらにイカ企画を洗練させていく予定です。
どうして限定的通貨が「イカ」なのかというと、第2回企画立案ワークショップで「市川カウンセラーアソシエーション(ICA)」の話題になった際、「ICAはイカって読めるよね」とみんなで笑い合ったので、そのままイカを使うことにしました。
イカす。まあ、いイカ。
いろいろと使えます。