「家を片づけるだけで見た目も脳も10歳若返る!」企画説明

30年以上、スタイリストとしてファッション業界で仕事をしてきた地曳 いく子さん。
著書『服を買うなら、捨てなさい』(宝島社)に書かれているのは、「バリエーション」ほどリスクの高いものはないということ。
同じ服を繰り返し着たくないからと、1週間、トップスもボトムスも違うアイテムにしたとします。すると7日のうちの2日ぐらいは、安い服や古臭い服が混ざって、イマイチなコーディネートになるのが現実。こうして、おしゃれの平均値を下げることになるそうです。

おしゃれのために、バリエーションを増やそうとしたら逆効果というわけですね。それよりも、今の自分によく似合う服を週に2~3回着ているほうが、おしゃれの評価ははるかに上がるというわけです。
肌がピチピチの10代や20代の頃ならともかく、30歳を過ぎてくると若さで服を着こなすことができなくなります。つまりは、似合う服が限られてくるということ。
だったら、自分の得意分野だけで勝負すればいいのだそうです。

毎日、同じコートを着てもいい!
パンツスタイルばかりでも、全然かまわない!!

ワードローブが偏っているほうが、おしゃれの平均値は上がるわけです。
そのためのスタートは、足を引っ張っている「ブス服」を捨てること。
ブス服か否か。
いちばんわかりやすいのは、朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服はブス服。即、ゴミ箱へ。
それから、着ていてかゆくなったり、チクチクしたりした服。
ブス服を、「高かったから」「また着るかも」と引き出しに戻すと、うっかり着てしまって、減点ミスを犯すリスクがあるから注意を!

地曳さんのお話では、服のコストパフォーマンスは、値段を着る年数で割るのではなく、着る回数で割って計算するもの。
一生ものと思って高いお金を出して買った服でも、1年に1回着るかどうかなら、コストパフォーマンスがかなり悪いので、取っておく価値はありません。

私たちは過去には戻れないし、若返ることもありません。
若いというだけで服を着こなせるという部分もあるので、今は似合わない服が来年になったら似合うようになる可能性は、限りなくゼロ

仕事や家庭によって、女性は行動範囲も生活様式も人それぞれに変わっていきます。
服も今の自分に合わせてアップデートしていくようにと地曳さんは語っています。

ただ、今の自分のスタイルって何??と思いませんか。
女優やモデルならともかく、ご飯作って、子どもに食べさせて、仕事して、帰ってきて、ご飯作って……という毎日。スタイルなんて、考えたこともありません。
そんな疑問に対しても、地曳さんは答えを出しています。
いつも履いている靴。
これこそが、今のスタイルが最もよく表れているのだそうです。


私の場合は、スニーカーだらけ。
出かけるときに履くのがスニーカーとなると、それに合わないアイテムを着て出かける機会はほとんどないわけです。
クローゼットにしまい込んでいたスーツたちは、非常用に1着取っておけばいいことになりますね。
靴については、服よりも優先して考えるべきアイテムだと地曳さん。
すぐに足が痛くなる靴は、歩くと疲れます。
「電車に乗れば、周りの人を突き飛ばしてでも座りたくなるでしょう」と笑っていました。履き心地の悪い靴で、心もブスになりますね。

私たち日本人女性は、ファッションでも「正解」を求めて悩みすぎなのかもしれません。
加えて、「いつも同じ服ばっかり着ていて、ケチと思われたらどうしよう」といった不安感を持っていると思います。

だから服が捨てられず、部屋も散らかるわけです。

……前置きが大変長くなりました。

年齢を重ねると判断力が低下し、家の中が散らかりがちです。
特に問題になっているのが、老親の家の片づけ。
片づけの専門家を取材したときに、女性が片づけられないアイテムのナンバー1が服だと話していました。


そこで、オシャレを軸に片づける方法を紹介します。
自宅が片づかない人、親の家が散らかっている人を対象にセミナーを開くといいでしょう。

「片づけよう」と意欲を持つことは、脳の若返りにつながります。
また、片づくことで思考が整理されやすくなります。
こうしたメリットを強調してもいいですね。

Powered by Blogger.